サービスプランを見る

トラ男一家とは

About


トラクターを駆ける男、トラ男たちの物語

トラ男一家とは

「トラクターに乗る男前」、略してトラ男。


トラオはお米の美味しい県秋田の農業の未来をつくる若手米農家集団です。


食料自給率170%を超える農業県の秋田県。
ここ数年の間は、農業従事者にも高齢化が進み、
少子高齢化率も日本一と、後継者不足が深刻化しています。



「このままでは秋田のお米を作っていけなくなる、秋田の農業の未来はない。」


そう考えた私達は、農業を「夢が持てる・やりがいのある・かっこいい」仕事にしようと、
2010年5月に立ち上がりました。


「きつい」「かっこ悪い」「稼げない」「結婚できない」
と世間で言われている農業のイメージを払拭し、
農家を憧れの職業にしたい、そう思っています。



トラ男はお客さまとのコミュニケーションを大切にしています。


市販されるお米は、多くの農家のお米が混ぜられて販売されているのに対し、
トラ男は一人一人のこだわりのお米を直接お客様にお届けします。


ソーシャルメディアが普及した今だからこそ、お客さまのひとりひとりとつながり、
日々の農業の情報を発信したり、コミュニケーションをとって、関係を築くことを大切にしているのです。

トラ男のファミリーになる、トラ男一家というコミュニティ。


torao

トラ男は、お米を作っている農家と、そのお米を食べるみなさんは、
全員でトラ男一家、家族のようなものだと思っています。


農家は食べてくれる人たちのためにお米を作り、
みなさんはお米を作る農家を支える、そんなコミュニティ。


「トラ男一家」は、会員となった人に、
定期的にお米を届け、稲作を体験したりしてもらって、
農家とみなさんが相互に支えあう仕組みを目指しています。


農業にはCSA(Community Supported Agriculture)という仕組みがあります。
「コミュニティが支える農業」と呼ばれるこの仕組みは、
地域住民が地元農業を支援するために、農家の会員となって代金を前払いし、
収穫時に農作物を受け取るというもの。


コミュニティが支えることで農家は代々受け継いできた農地を守り、
農業を持続可能なものにしてきました。


トラ男は、地域だけに限らず、日本全国、世界各地に住む「トラ男を応援したい」
人々を「トラ男一家」というコミュニティだと考えます。


インターネットが普及している現在では、地元だけでなく、
地域から離れた場所に住む人々と生産者が直接繋がることが可能になりました。


「トラ男」を応援したいという想いでつながった関係をコミュニティとし、
そのコミュニティによって支えてもらうための仕組みが「トラ男一家」です。

サービス内容を見る »